劇場で「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち -前章- TAKE OFF」を観てきました。
宇宙戦艦ヤマト2205新たなる旅立ち03

前作、「宇宙戦艦ヤマト2202」は、制作者の一部が「うひひ」と笑うだけの、この上なく残念な作品でした。
新しいヤマトが見たかったんですけどね。 それは叶いませんでした。

その為、今回も全く期待しておりませんでした。

でもまぁ、行ってきました。
宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち01
パンフレットは売り切れでした(涙)

-------

冒頭14分は、ネットでも公開されています。

感想としては・・・想像していたよりは良かった、でしょうか。

物語は大雑把に言うと、ヤマト2202の後日談と、次の大きな戦争への序章です。


脚本家が2202と同じなので、ここも特に期待薄でしたが。 監督が変わったせいでしょうか。 ある程度、納得いく展開になっていました。 とくに後半は、そこそこ楽しめました。


今どきの作品らしく「心情を熱く語って、その台詞に酔わせる」部分はありますが。
(自分としては面白くない) でも、なんとか堪えました。
登場人物たちも、カッコつけてる割には、たいして中身がない気が。


あと、ヤマトのデザインが、少し2199寄りに戻っていました。 他の艦船、航空機も、それに沿った雰囲気です。
2202では、メカデザインも面白くない物が多かったので、これは良い変化だと思います。

CG映像も少し簡素化された印象ではありましたが、これは意図した表現かも知れません。
(風景、ヤマト艦内なども、簡素化されているような気がします)


しかし・・・

今回ヤマトは僚艦を伴って発進するのですけれど。
ヤマトの発進では水柱が立つのですが、僚艦では水柱が立ちません(ほんのちょっと)。

また、
宇宙戦艦ヤマト2205新たなる旅立ち02
全てではありませんが、ビームがやたら太い(笑)
どっちに向かって撃っているのか、いまいち距離感が掴めない映像です。

距離感といえば・・・。

1。
訓練生がヤマトへ乗艦する際、岬の向こうからヤマトの船体が見えてくるシーン。
ヤマトが異様に大きいです。 地形を考えると、ちょっと信じられない見え方をしています(笑)

2.
ガミラス本星のマグマの動きも、オカシイです。

物語の中で、マグマが噴出するシーンがあるのですが・・・。

(サンプル画像)
宇宙戦艦ヤマト
建物の映像と、惑星の映像。 この位置で、マグマが、ほぼ同じスピードでした。

-------

それでも2202よりはマシかなぁ、と。

2202で、ヤマトを飛行機として表現してしまったのを、2205では、旧作の雰囲気まで、船に戻してきましたし。

大喜びとは行きませんでしたが、でも観に行って良かったと思える出来でした。

【追記】
音楽はとても良かったと思います。 エンディング曲も宮川彬良氏によるものです。