ちょっとしたテストをしました。
黒い砂漠 風車
グラフィックボードを2枚にしてみました。
PCI Express レーン数 確認03
追加したのは、Geforceで一番下位の製品。
メインGPUでゲーム。 サブでブラウジング。
SLIではなくマルチディスプレイ用途です。


気になるのはPCI Expressの接続。
どうなったか調べてみました。

見るのは接続レーン数(Link Width)と、リンク速度(Link Speed)
Maximumなんたら=グラフィックボードの最大値
Currentなんたら =現在の接続状況



メインGPU。
接続レーン数は16xと、そのままでした。(これはマザーボードの仕様通り。 マザーボードに寄って変わります)
ただ、リンク(転送)速度は8GT/sから2.5GT/sへと下がりました。(これは1レーン当たりの事かな? 確認できず)
PCI Express レーン数 確認01
サブGPU。
接続レーン数は8xから4xへと下がりました。(これも使っているマザーボードの仕様)
こちらもリンク速度が5GT/sから2.5GT/sへと下がりました。
PCI Express レーン数 確認02
接続レーン数は今使っているマザーボードの仕様通りで、問題はありません。
が、リンク速度については記載がなく、やってみて初めて分かったことでした。
下がっています。

------------------------------------------------
因みに、intelのCPU(内臓GPU付)と外付けグラフィックボードを繋いでいる場合。

リンク速度は8GT/sと、最大値のまま。 内臓GPUはCPUに統合されていて別枠。
PCI Express レーン数 確認05


---
【追記】
異種2枚は初めてではないけれど、以前は、リンク速度まで気にかけていませんでした。
この時のレーン数は双方、x8です。(マザーボードの仕様)

------------------------------------------------

リンク速度が8GT/sと、2.5GT/sでベンチマークを取ってみました。
FFXVベンチマーク1070+710

結果は同じでした。 誤差の範囲です。
PCI Express レーン数 比較ベンチマーク

1920×1080くらいの解像度では、差が出ない様です。
解像度を上げたりして、グラフィック用メモリが不足するような状況だと違いが出るかもしれませんが、現時点では問題なさそうです。


黒い砂漠 風車


黒い砂漠 ハイデル 紅葉