映画「運び屋」を観てきました。 感想です。
運び屋01

映画「運び屋」公式サイト


実話を元にした作品です。

90歳になる老人が、麻薬の運び屋をしていく話です。

物語を観ているというより、主人公と共に行動している感覚でした。

ラジオから流れる曲に合わせて歌を歌いながら、麻薬の移送。 そのアンバランスさが、とてもユーモラス。 人間関係も、一括りでは語れない、複雑なもの。


そして主人公の行動と、心の変化を見ていくうちに、ふと「自分はどうなんだ?」と思うようになってくる。

でもそれが押し付けなどではなく、一人の人間を見つめるだけで自然と、そうなってきます。

余計な装飾を廃した見せ方は、今回も素晴らしいです。
それでいて心の充足感はたっぷり。

イーストウッド御大の衰えぬ創作意欲には毎回、驚かされます。

とても良い時間を過ごせました。

------------------------------------------------

映画の観客は、老若男女、様々な人がいました。
高齢の女性が一人で見に来ていたり、若い男の二人連れ等。

その若い男の一人は見終わったあと「分からなくて途中、眠ってしまった」と漏らしていました。
でも、それも感想だと思います。

似たような感想ばかりでは、面白くありませんから。

------------------------------------------------

関連する動画を少し掲載します。