11/28のメンテナンス後、治ったはずの被写界深度の表示がどうもおかしい。黒い砂漠
オートフォーカスはゲーム画面だけになり、撮影モードでは被写界深度の操作が戻ったハズだったのですが。

撮影していても、何か面白くないのです。

綺麗に撮れるのも、対象物を、ほぼ水平に撮った時だけ。

何でだろうと、ずっと気になっていたので、ちょっと確認をしてみました。

(左:ピントを全て合わせた状態。 右:被写界深度の操作を一瞬だけしたもの)
黒い砂漠 被写界深度

一瞬の操作で、手前から遠くの建物まで全てボケています。

どうやら、自キャラの後ろにあるものを「丸ごとボカシているだけ」です。

今の被写界深度は、かつての被写界深度の表示ではなく、
単に、自キャラの後ろのボカシ強度を操作するだけのものになってしまいました。


ピントの基準になっているのは「顔」です。
黒い砂漠
上の画像では足元がボケていますが、下の画像のように水平にし、顔と足の位置がカメラから同じ距離になるとピントが合います。
黒い砂漠

分かったのは、ただのグラフィック簡素化でした(涙)

悲しすぎます。

------------------------------------------------

他。

ゲームパッドを購入してみました。 Logicool F310。
Logicool F310

使用しているマウスがロジクール製のため、同じ会社ならユーティリティソフトが喧嘩することもないだろう、と思いコレにしました。

これで動画撮影時のカメラワークが安定するのなら・・・と。

ゲーム機を持たないワタクシには馴染みがなく、通常のプレイでは使うことはないと思います。(というか使えませんw)

少し操作してみました。 回転はスムーズにできますね。
必要に応じて撮影に使ってみようと思います。