FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONの体験版をチラッとやってみました。
FFXV002
RADEON RX480で。

グラフィック設定は、デフォルトの「高」のままです。Geforce専用の機能は使用しておりません。
FFXV001
スタート地点をウロウロして、おおよそ55~45fps。
オブジェクトが少なくなると、60fpsくらいまで上がりますが。

何処かのベンチマーク計測記事で書かれていましたが、スコアの1/100くらいがfps値というのは、当たっていそうです。

体感ではfpsが40を切るとカクつきを意識するようになります。
RX480でプレイするには、デフォルトの設定が精一杯でしょう。


高負荷なゲームですね。
FFXVのベンチマークソフトが現行のGeforce1000シリーズにとっても厳しいのは、次に来る2000シリーズを見込んでの事かもしれません。 だとしたらNVIDIAの自信の程が伺えますね。
FFXV003
綺麗な映像で面白そう、とは思いました。

しかし、意外なところで個人的に躓きました。

操作キーが多い。

視点移動はマウス、メニュー操作はカーソルキーでしなければならなかったりもします。(マウスカーソル出ません)

コンシューマ機が発祥のせいかも知れませんが、キーボード+マウス使用のワタクシには大変厳しいものとなっておりました。 腕が3本必要なキー配置です。

取り敢えずヨレヨレながらも、もう少し体験版をやってみようかなとは思いますが。