Pacific Rim: Uprisingを観てきました。
pacific rim uprising
【以下、ネタバレ含みます】

一番最初に映画の動画が紹介されたとき、ロボットではなく、サイボーグのような魅せ方だったため、少々不安ではありましたが。

実際に観てみると、面白い作品になっておりました。


前作から10年後という事で、ロボット”イェーガー”も世代が進み、
また、世界からの賛同(前作ではイェーガーは、開発打ち切りを宣言されていた)を得られ、資金を投入されている状況を思えば、
より人間に近い動きをするのは、自然なことだなと思います。

主人公ジェイクのパートナー、ネイサン役が、かなり絵になる顔立ちをしていたので、確認してみるとスコット・イーストウッドでした。 クリント・イーストウッドの息子です。

本作ヒロインのアマーラも、強さと弱さを抱えた魅力的な人物でした。 彼女の成長していく姿が、観ていてとても楽しかった。

あとは、アマーラと同じイェーガー訓練生のヴィクトリア。
Ivanna Sakhnoという方なのですが、
Ivanna Sakhno
ゲーム、Life is Strangeに出てくるヴィクトリアと重なって見え、
maxresdefaulsdft
映画の中で「ヴィクトリア」と紹介された時、「ああ、ヴィクトリアだ」と素直に納得してしまいました(笑)

この他にも訓練生がおり、それぞれにドラマがありそうな気配がしておりました。(それを入れると時間が足りなくなる)


物語については、良い意味で騙された、という所です。
傲慢に見えた女社長が、実は熱血漢であったりとか。
または信じていた人物が実は・・・。
偏見や思い込みを、うまく物語に取り入れていました。

ラストでの戦場は日本。 富士山が煮えたぎっておりましたが、そこは娯楽映画。 発想が面白かったです。

前作を思い起こさせるシチュエーションも所々に盛り込まれ、また脇役ロボットの活躍、合体→巨大化
などの要素もあり、最後まで飽きずに楽しませていただきました。

------------------------------------------------

昨夜のTERAは、ちょっとだけ。
男性ファイター育成イベントで配布された「永久アバター」を開封しました。
ヒューマン男性ファイター限定育成イベント

選んだのはタトゥーフンドシ。 一番、らしくない物にしてみました。
TERA Online 男性ファイター タトゥーフンドシ
男性キャラは、別クラスで2枚目キャラに作り替えようかなーと思っていましたが、アバターまで貰っては、簡単には消せないですね。





にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ