その存在は有名ですが、意外と読んだことのない人が多いらしい「星の王子さま」
星の王子さま 岩波書店 ポプラ社
ワタクシもその一人でした。

少し前に知人から「是非読んでみて」と勧められていて、
昨日、書店へ寄った際に、探してきました。

書店には2冊、置いてありました。

岩波書店の、内藤 濯(ないとう あろう)翻訳版。 日本語訳の元祖になります。

そして2005年に著作権が切れた後に出た、新訳版の一つ。 ポプラ社、谷川かおる翻訳版。

せっかくなので両方、購入してきました。

訳し方によって、印象が変わるだろうか? そんな好奇心からです。

先ずは元祖翻訳版から読んでみます。

------------------------------------------------

・・・と、ちょうどこの日 放送の「科捜研の女」最終回SPで、星の王子さまが取り上げられたとTwiiterで見かけました。

タイミングが良いです。 本を読み終えたら、放送を見てみたいと思います。